こんにちは!彩都です。

 

今、コンサートなどのイベント会場の入場方法に変化が出てきています。

その一つが入場チケットの変化です。

 

リアルな紙製チケットに対して今やQRコードのデジタルチケットに移行しつつあります。

今まで、あたりまえのように紙製チケットを利用してきた私たちのとって『QRコードのデジタルチケットに代わりましたよ!』と言われたら戸惑いと不安を覚えますよね。

 

入場ゲートではどうするの?

座席はいつ発表されるの?

本人確認をされるの?

ガラケーでも大丈夫?

なと、気になるところがあると思います。

その気になるところの解決策を[デジタルチケットQRで入場の同行者や本人確認は?注意事項や評判も!]と題してお送りしていきます。

最後までよろしくお願いします。

Sponsored Links

QRコードのデジタルチケットで入場の評判は?

[QRコードのデジタルチケットとは]

デジタルチケットが生まれた主な要因は次の2つがあげられます。

①悪質な転売行為の防止のため。

②チケット関係の業務の効率化。

(利用者側にとってもコンビニで手配したり郵送料もいらなくなる。)

[QRコードのデジタルチケット利用の流れ]

・ガラケー以外の端末機(スマートフォン、タブレット、パソコン)でイベントのホームページに申し込みます。

・入金後にQRコードのURLが送られてくるのでそれにより、QRコードを入手します。

・当日、入場ゲートにてスマートフォン、タブレット(ノートパソコンでもよい)にてQRコードをスキャンさせてOK!です。

 

同行者や本人確認などの注意事項!

[知っておきたい注意事項!]

・「入場ゲートでQIコードをどうするの?」

(入場ゲートに並んでQRコードリーダーに読み込ませるだけです。)

・「座席の発表のタイミングは?」

(これからのデジタルチケットはQRコードにより座席は当日の入場時までわからないようにする傾向になっていくでしょう。

理由はチケットの転売を防ぐためです。)

・「本人確認については?」

(本人確認をする最大の理由は転売対策です。

本人確認についてはイベントの内容によって異なりますが必要な場合は事前に具体的事項と共に通知されます。)

・本人確認の【顔認証】についてお伝えしておきます。

今後の傾向としてこの顔認証の採用が一般化されそうです。

顔認証とはQRコードのデジタルチケットの申し込み時に本人の顔写真を登録します。

そして入場時に本人の顔と認証させるシステムです。

・「同行者の入場方法は?」

申込者(代表者)のQRコードのデジタルチケットで一緒に入場できます。

当然ながら同行者はQRコードをスキャンする必要はありません。

また、申込者(代表者)と別に入場する場合ですが、イベント主催者側の規約に準じますが別入場が可能であり、それを希望する場合は申込者(代表者)が申込時にその分配処置をしなければなりません。

・「ガラケーでも大丈夫?」

(デジタルチケットの申し込みはできませんが、QRコードが表示できれば入場時には使用できます。)

 

[当日に確認しておきたい注意事項!]

・スマートフォンのバッテリーの充電は大丈夫か?

(QRコードが表示できない。)

・スマートフォンの画面の汚れや割れはないか?

(QRコードが読み取れなくなる。)

・QRコード表示のためのパスワードは大丈夫か?

(人に聞いてもわからないから。)

・スマートフォンの画面は明るくする。

(暗いと読み取れない場合があるため。)

・QRコードの表示は固定すること。

(回転してしまうと正しく読み取れなくなる。)

 

まとめ

今回は[デジタルチケットQRで入場の同行者や本人確認は?注意事項や評判も!]と題してお送りしてきましたがいかがだったでしょうか?

QRコードのデジタルチケットは[転売防止対策]や[チケット業務全般の効率化]のためにできたスステムです。

ですが、利用させられる方(入場者)はまだまだ慣れていないために不安になったりパニックになってしまう場合があります。

現状では、効率化とは程遠い状況になっているイベントも多くあるようです。

QRコードのデジタルチケットが浸透するまでに、まだまだ時間がかかりそうですね。

 

最後までご覧いただいてありがとうございました。

彩都(さいと)でした。