こんにちは!彩都です。

今回ご紹介する映画はアサシンクリード!です。

バイオハザードと同じく大ヒットゲームを原作としているパルクール技を使った大迫力爆発のミステリーアクション映画です。

ゲームのアサクリファンのみならず、映画大好きなあなたにお勧めする劇場版アサシンクリードを【アサシンクリード(映画)の海外の反応や評判口コミ!感想まとめ!】と題してご紹介していきます。

最後までご覧いただいたなら、きっとあなたもアサシンクリードのファンになってしまうかもしれませんね。

それでは驚きいっぱいのアサシンクリードの世界に入っていきましょう!

 

Sponsored Links

アサシンクリード(映画)の海外の反応や評判口コミ!

海外での公開は2016年の12月21日でした。

気になる反応や評判口コミは以下のようになっています。

 

 

 

映画レビュー:”『アサシンクリード』の冒頭15分を観た、まさにこんな映画を観たかったと思い描いていた通りの出来だった”。美しいショット、人物描写が深く、キャストも素晴らしいとの感想。https://t.co/Rze5rUpZID pic.twitter.com/QDhQCzPsNI

— ヒロ・マスダ / Hiro Masuda (@IchigoIchieFilm) 2016年5月13日

 

『こんな映画が見たかった!』との感想は制作側に対して最高の誉め言葉ですよね。

更に、『ショット、人物描写、キャストも素晴らしい!』と最高の誉め言葉が続くと今すぐにでも観たくなりますよね。

映画って「観よう」と思っていて、いざ出かけようとすると終わってることもありますから上映期間も気にしながらできるだけ早く観に行った方がいいですよね。

また、「DVDでいいや」なんて言わないでください。

こんな大迫力の映像ものは、絶対に映画ですよね。
しかも3Dで楽しんでほしいです。

 


出典元; 20世紀フォックス映画 公式チャンネル

 

アサシンクリード(映画)の感想まとめ!

アサシンクリード ゲームの経験者もゲームを全く知らない人もOKです。

作品自体も内容のあるものになっていますが、何よりのお勧めは観ていて手に汗握る大迫力のアクション!

CG当然の現代映画界で、この作品はほとんどのアクションを実写で撮っています

映像のスタントマンを使っていないのです

それを可能にしたのが次にご紹介するパルクールという神技です

【パルクールが創る神技のアクションシーン!】

パルクールというスポーツをご存知でしょうか。

フランス発のスポーツで障害物や建造物、自然の物体を利用し乗り越えていく競争ではありませんが障害物競走みたいなものです。

 

 

このパルクールの神技が映画内で効果よく使われて凄く迫力あるシーンが創られました。

その中の一つが高さ38メートルからのイーグルジャンプ

CGなし、ワイヤーなし、バンジー紐なしのスタントマンの神技が披露されます。

スタント史上35年間行われなかった記録的な大落下

手に汗握る大迫力のシーンが楽しみですね。

 

出典元;http://www.gamespark.jp/article/2016/08/17/67990.html

 

まとめ

【アサシンクリード(映画)の海外の反応や評判口コミ!感想まとめ!】と題してこの映画の見どころをご紹介してきました。

今すぐにでも観たくなったのではないでしょうか?

 

日本では 2017.3.3 公開となっています。

公開が待ち遠しいですね!

斎藤工が日本語吹き替えをやっています!

 

映画アサシンクリードオフィシャルサイトwww.foxmovies-jp.com/assassinscreed/ 

それでは最後までご覧いただきましてありがとございました。

彩都(サイト)でした。