ジャニーズの人気グループの嵐について緊急ニュースが入ってきました。それは〚活動休止!〛嵐の活動休止の理由!メンバーのコメント!ファンの反応!などを〚嵐の活動休止はいつ?メンバーのコメントと今後の活動やファンの反応を報告!〛と題してお送りします。最後までよろしくお願いします。

Sponsored Links

嵐・突然の活動休止の原因や理由は?

リーダーの大野智によると活動休止に至ったのは以下の理由のようです。

2019年に活動20周年を迎えるのを節目に、前々から『グループの一員だけではなく自分の生き方も考えたい』と考えていたようです。

リーダーの大野智からメンバーにたいして「活動休止!」のための相談は頻繁にしていたようです。

その結果、今回の「活動休止!」の発表があったということは、メンバー全員が納得の上の判断だったのでしょう。

活動休止はいつ?

活動休止は2020年いっぱいとのことです。

2019年は嵐の活動開始の20周年でその次の年に活動休止となります。

全国のツアーで、最終公演を迎えます。

 

メンバーのコメントは?

リーダーの大野智:

活動休止の話はリーダーの大野智から発信したようです。

大野は、〚何事にも縛られない、自由な生活がほしい!〛と前々から思っていて思い切ってメンバーに伝えたようです。

しかも、メンバー一人一人と何度も話し合ったようです。

筆者の意見→「自由にしてあげたいけど、活動休止をしても一般人のような自由は得られないと思うので、かわいそう」と思いましたね。

 

櫻井翔:

『活動休止にあたって、少しずつ違うメンバーの想い・・・、なんとか一つの結論へと着地・・・』とのコメントでした。

このコメントから、メンバーそれぞれ賛否両論があったように推測されますよね。

筆者の意見→『活動休止はしたくない!』というメンバーもいたということですよね。

 

松本潤:

『今まで応援してくださったファンの皆さんに感謝の気持ちを最後に向まで伝えていく時間にしたい・・・』

筆者の意見→ファンの皆さんは2020年の活動休止!まで、またそれ以降も付いていくことでしょうね。

 

二宮和也:

『嵐の活動休止まで、楽しい思い出を作っていきたいです。』

筆者の意見→学校の卒業とよく似ていて、楽しいと思えた嵐にしてほしいです。

 

相葉雅紀:

『嵐が大好きです。』
『嵐のメンバーやスタッフと話し合った結果です。』
『活動休止まで精一杯頑張ります。』

筆者の意見→嵐が大好きなんですね、一部で不仲説なんかが出ていましたが、そんなことは払しょくしていますよね。

また、嵐の活動休止発表後の相葉雅紀のレギュラー番組で相葉からの『活動休止』についてのコメントはありませんでした。

それはそうですよね、活動休止の報告は全員が正式に会見するでしょうから。

嵐活動休止後のメンバー今後の活動は?

リーダーの大野智については彼のコメントより考察して、芸能活動を減らすか、引退するのかと思います。

残りのメンバーはそれぞれの個性を生かした芸能活動を続けて行くことは間違いないでしょうね。

私はリーダーの大野智の[怪物くん]をもう一度観たいですけどね。

芸能界に残ってくれることを期待しています。

ファンの反応は?

突然のことでほとんどのファンは次のような反応でした。

『マジで!・・・』

『ほんと!?』

『え~~~~~~~!』

と言葉になっていない反応が多かったですね。

また、『嵐が活動休止してから、どうやって生きていくの?』といった反応をしていたファンもいました。

そんなファンの反応の中で私が引っかかったことは『メンバーの結婚問題ですか?』というものでした。

二宮を筆頭にそれぞれ週刊誌などでの報道されてはいましたよね。

この結婚説については私は関係ないと思います。

理由は大野がメンバーに活動休止の相談を始めたのは2017年の6月ごろでしたから・・・。

 

とにかく嵐の活動休止で『嵐ロス現象』が起きることは必至ですよね。

嵐の活動休止はいつ?メンバーのコメントと今後の活動やファンの反応を報告!のまとめ

[嵐の活動休止はいつ?メンバーのコメントと今後の活動やファンの反応を報告!]と題してお送りしてきましたがいかがだったでしょうか?

人気のジャニーズの中でも頂点に君臨していた[嵐]文字通り今芸能界を中心に大きな嵐が吹きまくっています。

芸能界ではSMAPの解散!TOKIOのメンバー脱退!安室奈美恵の引退!それに[嵐の活動休止!]ととても大きな残念なことが続いていますよね。

嵐ファンについては、2020年の活動休止までの応援と感謝を伝えていくのでしょうね。

そして、活動休止後のメンバーそれぞれへの応援がまた始まるのでしょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

彩都でした。