ハウステンボスの『白い観覧車』は、その名の通り白くてきれいですよね!観覧車と言えばハウステンボスには、もう一つ観覧車があるようですよ。その名は『光の観覧車』と呼ばれていますが、園内マップには載っていません。『白い観覧車』は載っていましたが・・・。今回はその『光の観覧車』の謎を探っていきたいと思います。この記事を最後まで読めば謎は解決できますよ。

 

ハウステンボスの『白い観覧車』の魅力と場所!

まずは、誰もが知りたい『白い観覧車』の基本情報です。

 

所要時間は 約11分です。

何人乗りかって? 4人です。

観覧車の大きさは?ゴンドラの最高地点は48メートルもあります。

 

さらに、冷暖房完備、シートにもヒーターが入れてあります。

快適に楽しめますね。

 

『白い観覧車』が他の遊園地やテーマパークの

観覧車と違うのが、以下のところです。

 

景観です!

ハウステンボスや海までもが一望できます。

ヨーロッパ風の建物と花などの自然がきれい!

 

ハウステンボスの『光の観覧車』の正体と場所が知りたい!

所要時間: 約11分

ゴンドラの定員: 4人

観覧車の大きさは:ゴンドラの最高地点は48メートル

ゴンドラの室内とシートには冷暖房完備。

 

以上が『光の観覧車』の基本情報です。

 

あれ?

これって『白い観覧車』と同じでは?

 

そうなんです。

実は

 

昼は昼の景観を十分に楽しめる『白い観覧車』

 

夜はハウステンボスのイルミネーションを楽しめる

『光の観覧車』にLED球、7万個を付けて変身します。

 

これで謎が解決しました。

 

そういえば、

観覧車の外観で判断できたんですね。

 

白い観覧車:外観が真っ白の観覧車

光の観覧車:LED球、7万個が光る観覧車

 

いつの観覧車で2通り楽しめるとは

「あっぱれ!」ですね。

 

『白い観覧車』と『光の観覧車』の口コミ体験談!

長崎ハウステンボスには真っ白な『白い観覧車』が登場!

昼間はハウステンボスの街並みや遠く大村湾まで見渡せ、

 

夜はLEDイルミネーションで幻想的な世界を作り出すよ!

 

大切な人と乗りたいね♪

 

 

昼と夜の全く違った景色が楽しめて、

それぞれ感動がありました。

 

ゴンドラの中は夏の日中でも快適でした。

ハウステンボスに来園するたびに乗っています。

 

『白い観覧車』と『光の観覧車』のまとめ

私も『白い観覧車』は存在も場所も解ったけれど

『光の観覧車』については判りませんでした。

 

同じもので昼の顔と夜の顔の違いだったんですね。

 

私は『光の観覧車』が存在するのは

ハウステンボスならではで、ないかと思います。

 

理由は簡単!

夜景が素晴らしいからです。

 

ハウステンボスには、ほかにもありましたよね。

昼の顔:『ガーデンプール』

夜の顔:『ナイトプール』

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。