今回のハウステンボスリポートは40代前半の女性アキさん(仮名)です。2021年の夏休みにご家族で来園されてすっかりはまってしまった『恐竜の森』での体験談をお伝えしていきます。

ハウステンボス恐竜の森にはまってしまう4つの理由!

・頭を使う
・身体を使う
・ハラハラドキドキが強烈
・悔しさと達成感があじわえる。

面白かったです。頭をすごく使いますし、身体も使います。

どこにQRコードがあるのか?

時間制限もあるのでハラハラしながら探しました。

第二ステージでは数字を入力して
恐竜に肉付けするのですが、
数字が全然見つからなくて焦ります。

数字にはダミーもあるので気を付けてください。

ダミーを入力すると正解して獲得した恐竜の肉付けが
1つ減らされて、また1からその数字を探さなくてはいけません。

どこにどの部分の数字があったかまで覚えておかないと
うまく恐竜の肉付けが完成できません。

でもとても面白く、
タイムアップになると悔しくて、
家族全員悔しがっていました。

すごく並んでいたのでその時は無理でしたが、
もちろん何度も挑戦したいです。

ハウステンボス恐竜の森の攻略方法のコツを伝授!

家族(またはグループ)それぞれが散らばって、
みんなでまずQRコードを探します。

それからタブレットを持っている子供に
QRコードを知らせその子供が撮る。

数字もみんなで探して子供に知らせて
その子供が入力する。

とりあえずみんなで探しまくります。
入力しまくります。

第一ステージは5分くらいで解けました。

第二ステージは10分くらいで、
タイムアップだった気がします。

だんだん音楽が流れてきて余計に焦ります。

制限時間と流れる音楽にとらわれずに
ミッションに集中してください。

体験者アキさん(仮名)の感想!

私たち家族は、第一ステージまで行って、
第二ステージでは、残り2つが見つけられずに
タイムアウトしてしまいました。

家族全員で一致団結となり、
とても楽しい時間を過ごすことができました。

これからハウステンボスに来たときは
『恐竜の森』は絶対に外せないアトラクションですね。

最後に一言)
小学生のお子さんと一緒に回るときには、一度では厳しいと思います。
でも面白いので何度でも挑戦してみてください。